逆流性食道炎

このような症状でお悩みの方は逆流性食道炎かもしれません。

概要

胃の中の胃液、特にその中に含まれる胃酸が食道に逆流することにより、食道粘膜が傷つき胸やけや呑酸などの症状が起きます。

診断

自覚症状と上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)により診断します。

治療

薬物療法

酸分泌抑制薬
1、プロトンポンプ阻害薬:パリエット、タケプロン、ネキシウム、オメプラール、タケキャブ
2、H₂ブロッカー:ガスター、ザンタック、タガメットなど
消化管運動機能改善薬:ガナトン、ナウゼリン、ガスモチンなど

日常生活での注意点

1、腹部の締め付け
2、前かがみの姿勢
3、右を下にして寝る
4、肥満(減量)
5、喫煙(禁煙)
6、食べ過ぎ
7、高脂肪食、香辛料の多いもの:焼肉、てんぷら、とんかつ、カレー
8、甘味:チョコレート、ケーキ、まんじゅう
9、アルコール、コーヒー、炭酸飲料
10:柑橘類
11:夕食後就寝まで3時間以上空ける

お問い合わせ

逆流性食道炎 を治療せずに放置していると、胃がんや食道がんを引き起こす事もあります。食後に体調を崩しやすい方、胸やけ症状でお悩みの方は一度ご相談 下さい。

受付時間

 午前10:00~午後12:30
 午後3:00~午後6:30

診 療 時 間 日・祝
午前10:00~午後1:00
午後3:00~午後7:00

●休診日:金曜日・土曜午後・日・祝日

アクセス
〒170-0005 東京都豊島区南大塚 1-51-1
TEL:03-3945-3344
●JR山手線「大塚」徒歩3分
●丸の内線「新大塚」徒歩8分
地図
スマートフォン専用サイトQRコード
院長インタビュー